えん麦のちから

えん麦のちからを購入するにあたって、どんな効果、効能があるのか知りたいという方も多いのではないかと思います。

えん麦のちからは、糖尿病などを気にする生活習慣病予防をしたい方やダイエットをしている方、便秘がちな方などに人気の商品です。

では、どういった成分によって、これらの方に人気があるのでしょうか?

えん麦は食品なので、食べた方すべての方に効果が出るという保証はありませんが、具体的にはどんな部分にどんな効果が期待できるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

えん麦にはえん麦β‐グルカンが多く含まれています。このえん麦β‐グルカンが血糖値上昇を穏やかにし、コレステロール対策、ダイエット、便秘解消のサポートをしてくれるかっ聞いてきな食物繊維といわれているのです。

えん麦のちからは、独自の製法によりえん麦β‐グルカンがたっぷりと凝縮されています。

・血糖値の上昇を穏やかに!!生活習慣病の予防にも!

えん麦のちから

 

現代病ともいわれている生活習慣病。多くの日本人が、生活習慣病を気にしているのではないでしょうか?糖尿病は一度なってしまうと、治療が難しいといわれ、合併症や失明などのリスクもあり、怖いですよね。

実は、えん麦のちからは、生活習慣行予防にもうれしい栄養素が入っているんです。

えん麦のちからに多く含まれている、にはえん麦β‐グルカン。えん麦β‐グルカンは、水分を吸収して膨らむという特性があり、また粘性を増すという性質があるんです。このことから、食べた食べ物がいの中で長く滞留し、腸での消化、吸収が穏やかになるんです。このことから、糖の吸収も穏やかになり、インスリンの分泌も穏やかになり、食後の血糖値の上昇も穏やかになるんです。

白飯のごはんを食べた時だけ、えん麦のちから+白飯を食べたときの食後の血糖値の上昇具合についての試験をやった結果からもその効果が判明しています。

3040-3-2-1赤-1