よく最近低GIというダイエットや糖尿病、血糖値などの話題が出ると耳にする方も多いのではないでしょうか?

では、低GIとはいったい何なんでしょうか?

GIとは、食後血糖値の上昇度を示す指標のことをいいます。

なので、低GI食品とは、食後血糖値の上昇が低い食品ことをいいます。

逆に、高GI食品とは、食後血糖値の上昇が高い食品ことをいいます。

また、低GI食品についてはWHOが「過体重、肥満、2型糖尿病の発症リスクを、低GI食品が低減させる可能性がある」としてレポートを提出しているほどです。

ダイエット、糖尿病予防、生活習慣病予防など血糖値が気になる方にも必見の食品が低GI食品です。

では、どんな食品が低GI食品なんでしょうか?

低GI食品えん麦のちからサイトより転載

低GI食品・・・・えん麦ふすま、大豆など

高GI食品・・・・パン、ごはん、もちなど

 

高GI食品は、血糖値の食後上昇が高いので、インスリンの分泌も増え、インスリンの分泌が増えると内臓脂肪を蓄えやすくなるんです。

ダイエットしたい方、生活習慣病予防をしたい方は、ぜひ、えん麦ふすまのような低GI食品を食べるといいでしょう。

 

お試しセット